株式会社 大平建築設計事務所 本文へジャンプ
耐震診断

全ての建物は建築基準法によって規制を受けます。
建物の耐震強度についても建築基準法に規定されていますが、大地震によって建物が甚大な被害を受けた(十勝沖地震:昭和43年、宮城県沖地震:昭和53年)事を教訓に、それぞれ3年後に大きく改定されました。現在は震度6程度の地震に耐える設計強度基準になっています。
耐震診断はもともと昭和56年以前の旧建築基準法のもとに設計された建物に適用されていましたが、平成17年暮れに構造計算書偽造事件が発覚した為、それ以降は昭和56年以降に設計された建物に対しても耐震診断実施を要請されるようになりました。

少し専門的になってしまいますが、建物の耐震性を評価する式についてご説明しましょう。
  評価(α)=構造耐震指標(I)/構造判定指標(ISO
     (I)=保有性能基本指標(E)×形状指標(S)×経年劣化指標(T)
     (ISO)=改正建築基準法によりしていされた係数(ES)×地域想定地震強度(Z)
          ×地盤・地形指標(G)×用途による指標(U)
評価(α)の判断基準は
Aランク    1.0<α       補修不要
Bランク    0.7<α<1.0   仕上材の補修程度で可
B~Cランク 0.5<α<0.7   部分的な構造補修が必要
Dランク    0.3<α<0.5   大規模な補修が必要
Eランク    α<0.3       補修不能、取壊し
となります。
現在のところ、当社においては、Eランクとなった例はありません。